ブログ市長の竹原信一が鶴翔高校の処分撤回を要求

鹿児島県阿久根市のブログ市長こと竹原信一(51歳)は3月18日、鹿児島県阿久根市にある鶴翔高校に対して、生徒への処分を撤回するように求めました。
鶴翔高校などによると、鶴翔高校の男子生徒がトイレで喫煙したさい、運動部に所属する男子生徒もトイレに入り、喫煙はしていないが話をしたため、鶴翔高校は運動部に所属する男子生徒も大会への出場禁止処分としました。
その後、鶴翔高校の元に、伊藤祐一郎県知事に宛てた、鶴翔高校の処分撤回に協力を求める竹原信一名義のFAXが届いたほか、鶴翔高校の校長は電話で、処分の撤回をしなければブログへ掲載してメディアにも情報提供すると迫られたとのことです。
このため、鶴翔高校の校長は「出してもらっても構わない」と返答したとのことです。
ブログ市長については、竹原信一が以前に社長を務め、現在は竹原信一の妹が社長を務める土木会社「三笠興産」が、今年2月に行われた市総合運動公園の共同入札で、最低落札価格の1円高い446万477円で落札。最低落札価格は市長が決定するため、話題になっています。


鹿児島県阿久根市のブログ市長こと竹原信一が、鶴翔高校が生徒に下した処分の撤回を求めました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。