瑛太の父親が自殺

俳優・瑛太(28歳)と永山絢斗(21歳)の父で焼き肉店「瑛斗弥(えどや)」を経営する永山博文(55歳)は2011年2月16日までに、東京都板橋区にある自宅アパートで死亡しました。自殺とみられています。

警視庁高島平署などによると、同居する姉(57歳)が2011年2月16日午後7時、東京都板橋区にある自宅マンションで、首を吊っている永山博文を発見しました。

永山博文は病院へ運ばれましたが、死亡が確認されました。部屋には遺書とみられる書き置きが残っており、永山博文は自殺したものとみられています。

永山博文は、息子で俳優の瑛太と永山絢斗の2人の名前をから付けた焼き肉店「瑛斗弥(えどや)」を経営していましたが、姉に店の経営が上手くいっていないことや、ヘルニアの手術の経過があまり良くないなどと漏らしていたとのことです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。