児童ポルノはアドレスの掲載でも逮捕

海外の児童ポルノのアドレス(URL)をインターネット掲示板に掲載した2人が、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)の罪で逮捕・起訴され、罰金50万円の有罪判決を受けていたことが、7月8日に分かりました。

「捜査関係者らによると、男2人は昨年9月と今年2月、掲示板に海外の動画サイトの児童ポルノに接続するアドレス計11点を掲載し、不特定多数に閲覧させた。2人とも同法違反罪などで罰金50万円が確定している。(読売オンラインより引用)」

URLの掲載でわいせつ物陳列罪になるのは厳しいですね。児童ポルノだったので厳しく判定したのでしょうか。
ちなみに、掲示板を運営していた少年も同ほう助の容疑で逮捕されています。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。