厚木恵心病院の取り壊しが決定

神奈川県厚木市は4月30日、心霊スポットとして有名な廃墟「厚木恵心病院」を1260万円で落札したと発表しました。神奈川県厚木市は厚木恵心病院を取り壊し、公園などに整備する方針です。
厚木恵心病院は1997年に廃業。インターネットやテレビで心霊スポットと紹介されたことで、全国的に有名な心霊スポットへ成長していました。
2009年には厚木恵心病院で火事や強盗傷害事件が発生して、厚木市には市民から苦情が寄せられていました。
厚木市は登記上の所有者である大阪府の宗教法人に譲渡を求めていましたが、複数の債権者が抵当権を設定していたため、交渉が難航していました。
ところが、宗教法人が税金を滞納したため、大阪府が厚木恵心病院を公売にかけ、厚木市が4月23日に1263万円で落札しました。
インターネット上では、「院長が焼身自殺した」「手術の失敗で死んだ患者の幽霊が出る」「高校生が飛び降り自殺した」などの噂が流れ、多くの心霊スポットマニアや廃墟マニアが訪れるようになっていました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。