大阪府民はソフトめんを知らない

大阪府民は、給食の人気メニュー「ソフトめん」のことを知らないと、「秘密のケンミンSHOW」で紹介されていました。

ソフトめんは、戦後で給食の主食がパンだった時代、主食を増やすために昭和40年に東京都で採用され、全国に広まっていった。
専門家によると、うどんにもスパゲティーにもどちらにも使える麺として発売したため、大阪府の給食担当者が、うどんなのかスパゲティーなのかはっきりしない考え方が嫌いだったので、大阪府では受け入れられなかったとのことです。
最近は、通販でソフトめんを購入できるようです。レシピも簡単なので、作ってみようと思います。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。