北海道のようかんパン

北海道のB級グルメ「ようかんパン」が、「秘密のケンミンSHOW」で紹介されました。
ようかんパンはチョコレートパンのチョコレートの部分がようかんになっているパンです。中身はカスタードクリームやホイップクリームが入っています。
ようかんパンは、1960年頃にあるパン屋があんパンに溶かしたようかんをかけたのが始まり。1970年頃から他のパン屋があんこの代わりにカスタードクリームを入れたところ、大ヒットしたそうです。
北海道では3社が「ようかんツイスト」「ようかんロール」など7種類が販売しており、1社だけで月に30万個を販売することもあるようです。
ようかんパンは全国販売されたこともあるのですが、北海道以外では全く売れず、現在は北海道だけで販売されているそうです。
ようかんとパンという組み合わせが想像できませんが、ゲスト陣は「あっさりしていて美味しい」と言っていました。北海道へ行くことがあれば、食べてみたいです。


北海道のB級グルメ「ようかんパン」が「秘密のケンミンSHOW」に登場!

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。