真田幸村の家臣・望月小太郎

三浦春馬の主演ドラマ「サムライ・ハイスクール」に登場する戦国武将の望月小太郎(もちづきこたろう)について調べました。
望月小太郎は、真田幸村の家臣・望月宇兵衛の弟です。真田幸村は徳川家康を最も恐れさせた武将で、その真田幸村の家臣の中でも最も強かったのが、望月小太郎の兄・望月宇兵衛という設定です。
そして、望月小太郎は、1615年に起きた大阪夏の陣に出陣して、徳川軍と対戦。真田幸村と共に徳川家康本陣に攻め寄り、17歳にして壮絶な討ち死にを遂げるという設定です。
そこで、サムライ・ハイスクールに登場する望月小太郎が本当に実在したのかを調べてみました。
真田幸村の有名な家臣「真田十勇士」の中に、望月六郎(もちづきろくろう)がいます。
おそらく、望月六郎が望月小太郎もしくは望月宇兵衛のモデルになったのではないかと思います。


大阪夏の陣で討ち死にした真田幸村の家臣・望月小太郎について。

コメントを投稿する

カテゴリー