ココヘヒク

山崎豊子の小説「不毛地帯」に登場する言葉「ココヘヒク」について。
ココヘヒクとは、サイン1つで使える交際費、サインの要らない冠婚葬祭などに使う小遣い、社内の部屋、秘書、車の頭文字をつなげた言葉です。
コ…交際費
コ…小遣い
ヘ…部屋
ヒ…秘書
ク…車
東京商事の鮫島辰三(モデルは日商岩井の海部八郎)が、会社の社長や会長が相談役へ退くのを嫌がるのは、ココヘヒクが欲しいからだと、近畿商事の壹岐正(モデルは伊藤忠商事の瀬島龍三)に講釈します。


山崎豊子の小説「不毛地帯」に登場する「ココヘヒク」の意味について。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。