オリオン・オイルのモデル

山崎豊子の小説「不毛地帯」に登場する独立系石油会社「オリオン・オイル」のモデルについて。

オリオン・オイルはアメリカのロサンゼルスに本社を置くインディペンデント(独立系石油会社)です。代表はリーガン会長です。

オリオンオイルは、ベネズエラやエジプトやイラクに鉱区を持っていて、インディペンデントの中の上のランクです。

オリオン・オイルは近畿商事の壹岐正(モデルは伊藤忠商事の瀬島龍三)の誘いに応じて、イランのサルベスタン鉱区の国際入札に臨み、サルベスタン鉱区を落札します。

オリオン・オイルのモデルは現在調査中です。その他のモデルについては「不毛地帯のモデル」をご覧下さい。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。