Winnyで江平中学校の関係資料が流出

長崎県長崎市にある江平中学校の関係資料とみられる資料が、2010年3月21日までにインターネット上に流出しました。
江平中学校の校長が、ファイル共有ソフト(P2P)「Winny(ウイニー)」でダウンロードしたウイルス対策ソフトを使用したため、関係資料がインターネット上に流出したとみられています。
国際著作権機構によると、「江平中\平成21年度江平中\学校経営\21学力向上対策.jtd」「江平中\平成21年度江平中\学校経営\リーフレット\21学校生協への学校紹介.jtd」などのほか、わいせつな名前のファイルも流出しています。
Winnyの流出騒動を巡っては、ウイルスに感染した美少女ゲーム「Cross Days」を起動したことにより、インターネット上に情報が流出したとして、人気ゲームレビューサイト「ドクター迦楼羅のPCゲームクリニック」が閉鎖したばかりでした。


ファイル共有ソフト(P2P)「Winny(ウイニー)」で長崎県長崎市にある江平中学校の関係資料が流出しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。