小学校の校長が校内で児童の母親と肉体関係

長崎県長崎市にある市立江平中学校につづき、東京都江戸川区にある区立小学校の男性校長(59歳)も不祥事を起こしました。
江戸川区教育委員会などによると、男性校長は2008年度以降、児童の母親と肉体関係を持ったうえ、その児童の母親を同校の臨時職員に採用し、勤務時間中に校内でわいせつな行為を行っていたとのことです。
児童の母親は2010年2月に同校を退職し、区教育委員会へ校長との性的関係を相談したため、校長の不祥事が発覚しました。都教育委員会は近く、校長を懲戒免職処分とする見通し。
長崎県長崎市にある市立江平中学校では、校長がファイル共有ソフト「Winny(ウイニー)」を使用して学校関係資料を流出させたほか、わいせつな動画などをダウンロードした形跡があったため、インターネット掲示板「2ちゃんねる」などで話題になっていました。


東京都江戸川区にある区立小学校の校長が児童の母親と肉体関係を持ちました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。