新参者の人形焼き

ドラマ「新参者」に登場する人形焼きは、大正6年から続く重盛永信堂の人形焼きです。

重盛永信堂の人形焼きは、三井峰子(原田美枝子)が殺された部屋に残っていた人形焼きで、三井峰子殺人事件の証拠の1つになります。

重盛永信堂の住所は東京都中央区日本橋人形町2-1-1で、新参者のロケでも使用されています。

現在、TBSストアで、重盛永信堂の人形焼き(新参者パッケージバージョン)と重盛永信堂の贅沢煎餅(新参者パッケージバージョン)とを販売しています。

新参者のあらすじやネタバレは「新参者のネタバレ」をご覧下さい。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。