眞鍋かをりの所属事務所を起訴

東京地検特捜部は2009年9月15日、小倉優子や眞鍋かをりが所属していた芸能プロダクション「有限会社アバンギャルド」を法人税法違反(脱税)罪で起訴しました。
アバンギャルドの社長は、2006年102月期までの3年間、関連会社「株式会社アヴァンギャルド」「有限会社マテック」との間で所属タレントを移籍したように装い、11億6000万円の法人所得を隠して、法人税3億4500万円を免れたとのことです。
アバンギャルドは8月31日付けで、芸能事務所「市エステートコーポレーション」と事業統合をしています。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。