ガレッジセールのゴリがヤギでゾッとした話

ガレッジセールのゴリ(照屋年之)が、「松本人志の○○な話」で、ヤギでゾッとする話を紹介していました。

沖縄に住んでいたときの話。ゴリが小学校の頃、隣の家が山羊を飼い始めた。隣の家の子は友達で、山羊を「ヤギヒロ」と名付けて、毎日一緒に遊んでいた。山羊は成長が早くて、直ぐに抱えられないほど成長した。

ある日、ゴリが学校から帰ると、近所中の人が隣の家に集まっていて、隣の家から「美味しいなぁ。美味しいなぁ」「刺身もいけるなぁ」という声が聞こえてきた。

隣の家のテーブルには細切れになったヤギヒロが並んでいて、ゾッとしたと話していました。

関連記事