押尾学が保釈された

合成麻薬MDMAを使用したとして麻薬取締法違反の罪で起訴された「お塩先生」こと押尾学被告人(31歳)が保釈されたため、口封じのために殺害され、自殺として処理されるのではないかとの噂が流れています。
押尾学は8月30日午後6時15分、留置されていた警視庁三田署を出て、詰めかけた報道陣100人に向けて「ご迷惑をかけて申し訳ありませんでした」と深々と頭を下げました。
その後、質問には答えず、迎えのワゴン車に乗り込み、警視庁三田署を後にしました。
東京地裁は8月28日に押尾学の保釈の決定。東京地検は準抗告と保釈の執行停止とを申し立てたが、東京地裁はこれを棄却したため、押尾学の保釈の決定していました。
押尾学は保釈保証金400万円が用意できないのではないかと指摘されていましたが、一部報道によると、親交のある実業家が保釈保証金400万円を用意したとのことです。
一部では、保釈された押尾学は口封じのために殺され、自殺として処理されるのではないかと噂されています。


押尾学を保釈!口封じに殺されるとの噂が流れる

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。