大橋諒子の合コンテクニック

「Mりん」こと大橋諒子(おおはしりょうこ=19歳)が、明石家さんまの「恋のから騒ぎ」で、合コンでモテるテクニックを紹介しました。
大橋諒子によると、男性にくっついて離れないと合コンでモテるそうです。
合コンだとベタベタしたスキンシップをしていると、男性は「軽い女」だと思う。
合コン場所がお座敷だと、手をついて座る人が多い。だから、男性が手を突いているところに、男性の小指に自分の小指をくっつけるようにして座ったり、隣に座っている男性の膝に自分の膝がくっつくようにして座るとベタベタする女性よりもモテると大橋諒子は話していました。
ゲストでどMの松本人志に「考え方としてはMじゃないよね」と突っ込まれる。松本人志の「なぜ自分はMだと思うの?どういうところで?」という質問に対して、大橋諒子は「夜、縛られたいんです」と答えていました。
大橋諒子は当初、母親の大津びわ子と同じ愛称「びわりん」と呼ばれていたのですが、「普段はSだけど、夜だけはMになる。縛られるのが好き」と告白してから「Mりん」になりました。大橋諒子の愛称はMりんで固定するのでしょうか。


緊縛Mりん!縛られるのが好きな大橋諒子

コメントを投稿する

カテゴリー