角田常務

山崎豊子の小説「不毛地帯」に登場する角田常務について。角田常務のモデルは調査中です。
角田常務は、近畿商事(モデルは伊藤忠商事)のナンバー2里井副社長(里井達也)の股肱の臣(ここうのしん)で、業務本部長を任されます。注:股肱の臣とは、頼りになる部下という意味です。
しかし、里井副社長が狭心症の発作で倒れ、壹岐正(モデルは瀬島龍三)の方が情勢が良いと悟ると、手のひらを返したように壹岐正派に寝返ります。
ところが、大門一三社長(モデルは越後正一)が、タクボ工業の社長に追いやった里井副社長を再び近畿商事へ呼び戻すとき、社内工作を角田常務に任せると、角田常務は再び里井副社長派へ寝返ります。


不毛地帯に登場する里井副社長の部下・角田常務のモデルについて。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。