里井副社長のモデルは栗田工業の貝石眞三社長だった

山崎豊子の小説・ドラマ「不毛地帯」に登場する近畿商事(モデルは伊藤忠商事)の里井副社長(里井達也)のモデルは、栗田工業の元社長・貝石眞三です。


当初は里井副社長のモデルは中村貞夫(なかむら・さだお)だと紹介していましたが、情報提供により、貝石眞三だと分かりました。

里井副社長が社長に就いたタクボ工業のモデルは栗田工業ということから、当初、里井副社長のモデルは伊藤忠商事の副社長から栗田工業の社長に就いた中村貞夫が里井副社長であろうと紹介していました。

しかし、小説「不毛地帯」全4巻を出版したのは1978年です。中村貞夫が栗田工業の社長に就任したのは1981年なので、中村貞夫が里井副社長のモデルになることは不可能です。

情報提供によると、貝石眞三は兵庫県出身で、伊藤忠商事の1958年に取締役に就任。1967年に伊藤忠商事の副社長に昇進して、1968年に栗田工業の社長に就任したとのことです。

よって、不毛地帯に登場する近畿商事(モデルは伊藤忠商事)の里井副社長のモデルは貝石眞三と考えて間違いないでしょう。情報提供ありがとうございました。

その他の不毛地帯のモデルは「不毛地帯のモデル」をご覧下さい。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。