ドラマ「不毛地帯」の原作や主題歌

フジテレビ系ドラマ「不毛地帯」の原作や主題歌やあらすじなどについて。
不毛地帯の原作は、山崎豊子の長編小説「不毛地帯」です。脚本は、ドラマ「救命病棟24時」「僕の歩く道」などを手がけた橋部敦子です。
不毛地帯の主題歌は不明です。メインテーマ曲は坂本龍一なので、主題歌=メインテーマ曲かもしれません。
不毛地帯のあらすじについて。主人公は大本営参謀のエリート軍人・壱岐正(唐沢寿明)です。壱岐正は戦後、ソ連に拘束されて、11年間にわたり強制収容所で過酷な労働を強いられていた。壱岐正は1956年(昭和31年)に日本に帰国。その後、防衛庁からの誘いを断り、大手商社「近畿商事」に就職する。そして、次期防衛主力戦闘機の納品を巡り、ライバル商社の「東京商事」「五井物産」「丸藤商事」と熾烈な戦いを繰り広げていく。
不毛地帯の出演者は、唐沢寿明・和久井映見・柳葉敏郎・佐々木蔵之介・古田新太などです。


フジテレビドラマ「不毛地帯」の原作や主題歌やあらすじについて。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。