日本石油開発公社の吉良総裁のモデル

山崎豊子の小説「不毛地帯」に登場する吉良総裁(きらそいうさい)について。

吉良総裁は、日本石油開発公社(モデルは日本石油開発公団)の総裁です。


吉良総裁は、通産省鉱山石炭局石油計画課長と公益事業局長を歴任して退官。そして、日本石油開発公社の総裁に就任しました。

吉良総裁はハゲており、頭髪が夜店のステッキを並べたように見えるため、陰で「ステッキ総裁」と呼ばれています。

吉良総裁のモデルは現在調査中です。

その他のモデルについては、「不毛地帯のモデル一覧」をご覧下さい。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。