オキシデンタル(オクシー)

ドラマ化された山崎豊子の小説「不毛地帯」に登場するオキシデンタル社のモデルについて。

不毛地帯のオキシデンタルのモデルは、アメリカのインディペンデント(独立系石油会社)「オクシデンタル・ペトロリウム」です。

オキシデンタルはアメリカの独立系石油会社で、「オクシー」と呼ばれています。余り登場しないし、ストーリーに関係は無い会社です。

近畿商事(モデルは伊藤忠商事)の兵頭信一良が五月女(さおとめ)とともに、オキシデンタルが放棄したリビアの鉱区を視察します。

モデルとなったオクシデンタル・ペトロリウムは、アメリカの独立系石油会社で、「オクシー(OXY)」と略されて呼ばれます。

不毛地帯のその他のモデルについては、「不毛地帯のモデル一覧」をご覧下さい。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。