デビ夫人が増田美智子に激怒

デビ夫人ことデビ・スカルノ(69歳)が、一橋大学の職員・増田美智子(28歳)の著書「福田君を殺して何になる」を購入して激怒しました。
デビ・スカルノは公式ブログの2009年10月18日付け記事で、『タイトルが「福田君を殺して何になる」、それに黄色いオビに死刑か無期懲役か?と書いてあったので私はとたんに読む気がしなくなり、何故こんな本を買ってしまったのかと腹がたちました』と報告しました。
そして、デビスカルノは「私はこの犯人福田は何回死刑になっても罪の償いはできないと思います。鬼畜に殺された愛する妻と赤ちゃんは永遠に帰って来ず、本村氏の心は永遠に哀しみの中にあり、癒されることなどないのです。」と痛烈に批判しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。